全集刊行の記録

Log and Archives

刊行前

    某年某月某日

    間宮幹彦(以下、全員氏名敬称略)、吉本隆明全集のプランを「目次」にまとめる。(いわゆる「間宮目次」)

    某年某月某日

    太田泰弘現晶文社社長、忘年会の席にて初対面の吉本隆明に個人的に激励を受ける。

    某年某月某日

    生前の吉本隆明、次女で作家の吉本ばなな(本名・真秀子)と間宮目次を見て、吉本隆明全集刊行を願う。

    2012.1/22

    吉本隆明、日本医科大学付属病院に緊急入院。以後同病院で加療。

    2012.3/16

    16日(15日深夜)肺炎により死去。行年87歳。通夜17日(土)、18日(日)築地本願寺和田堀廟所にて葬儀。9月15日同廟所の吉本家の墓に納骨。法名は釋光隆。

    2012.10/9

    吉本隆明の妻・和子、自宅で老衰により死去。行年85歳。11日(木)に通夜、12日(金)に葬儀。12月9日(日)に納骨。法名は釋清和。

    2012.12

    吉本ばなな、公式サイト上の「日記」で「父の晩年には放っておいても全集くらいは出るだろうと思っていた。 やりたいという編集者はいたし、目次まで編んでいた。 でも予算がどこにもないって言うわけだ。どの会社にもないと。」等と記す。

    2013

    2013.1

    吉本ばなな、同氏公式サイト上の日記に「全然違うルートからすばらしい手助けの話がやってきた。 」と記す。

    2013.4

    吉本ばなな、公式サイト上の日記に「いちばん父が出版社の人に言ってほしかったこと(全集を出させてもらえるなんて嬉しい 自分の最後の仕事に なってでもしっかりやります 吉本さんの仕事は残すべきものです)を全部魔法のように仏前で言ってくれた晶文社の太田社長のおかげで、いっそういい思い出になったとも言える。ほんとうにありがたい。聞いていてほんとうに「魔法みたいだ」「奇跡みたいだ」と思った。」と記す。

    2013.4/19 より具体的には、4月19日(金)付けでSNSにログが残っており。「なんと!今月のオレでボヤいたかいがあり、漢気爆発!晶文社さんが父の全集を出してくださることになりました」等とある。

    2013/10/28

    この日のSNSタイムライン上に、晶文社の吉本隆明全集内容見本の写真登場。11月初旬から配布開始。

    内容見本への寄稿者は、鶴見俊輔上野千鶴子福島泰樹糸井重里鷲田清一中沢新一見城徹よしもとばなな(当時の表記)、ハルノ宵子(本名・吉本多子)

    略年譜石関善治郎、全巻内容は間宮幹彦による。

    2013.11/22

    公式記録より実際はすこし早く、吉本隆明全集公式サイトモックアップが仮オープン(当初は仮ドメイン)。

2014

    2014.1/31

    公式ウェブサイト上で、小林康夫の全集推薦文を追加。

    2014.3/25

    第1回配本として第6巻(1959-1961)を刊行。月報執筆者:高橋源一郎)。

    刊行と同時に「あの人が選ぶ、全集刊行記念フェアの本」を書店で開催。(選者:内田樹・中沢新一・茂木健一郎・宇野常寛)を全国の書店の協力で開催。アーカイブとして全集公式サイトに店頭のスナップ写真が残っているのは、紀伊國屋書店新宿本店、ジュンク堂書店池袋本店、B1st新宿店、喜久屋書店阿倍野店、ジュンク堂書店広島駅前店。(順不同:敬称略)

    当時の選書リストと店頭写真など 2014.4.11

    公式ウェブサイト推薦者に山本哲士を追加。

    2014.5/1

    紀伊國屋ビル竣工50周年特別企画第249回 新宿セミナー@Kinokuniya『吉本隆明全集』(晶文社)刊行記念トークセッション“吉本隆明のDNAをどう受け継ぐか”(出演:中沢新一・内田樹・茂木健一郎・宇野常寛・スペシャルゲスト:よしもとばなな)が新宿・紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4F)開催された。


    2014/6/25

    第2回配本として第7巻(1962-1964)を刊行。月報執筆者:加藤典洋):ハルノ宵子

    2014.9/30

    第3回配本として第4巻(1952-1957)を刊行。月報執筆者:小林康夫ハルノ宵子

    2014.12/25

    第4回配本として第5巻(1957-1959)を刊行。 月報執筆者:北川太一ハルノ宵子

    2015

    2015.1/10

    NHK・Eテレ「知の巨人たち」第5回として「吉本隆明」(午後11:00~午前0:30)が放映された。

    2015.3/25

    第5回配本として第8巻(1961-1965)を刊行。月報執筆者:岡井隆ハルノ宵子

    2015.6/25

    第6回配本として第9巻(1964-1968)を刊行。月報執筆者:鹿島茂ハルノ宵子

    2015.9/25

    第7回配本として第10巻(1965-1971)を刊行。月報執筆者:芹沢俊介ハルノ宵子

    2015.12/25

    第8回配本として第11巻(1969-1971)を刊行。月報執筆者:磯崎新ハルノ宵子

    2016

      2016.3/25

      第9回配本として第12巻(1971-1974)を刊行。月報執筆者:中村稔ハルノ宵子

      2016.6.25

      第10回配本として第1巻(1941-1948)を刊行。月報執筆者:石川九楊ハルノ宵子

      2016.6/12

      連続イベント第1回「詩と科学の魂をつなぐ」(橋爪大三郎・水無田気流が東京堂書店神田神保町店6階・東京堂ホールで開催された。

      2016.9/30

      第11回配本として第2巻(1948-1950)を刊行。月報執筆者:蓮実重彦ハルノ宵子

      2016.12/30

      第12回配本として第3巻(1951-1954)を刊行。月報執筆者:吉増剛造芦田宏直ハルノ宵子

      第1期完結

      第1期として第1巻から第12巻の刊行を終える。

2017

2017.4/7

晶文社刊『吉本隆明と「共同幻想論」』の刊行記念に、著者山本哲士によるトークイベントが新宿区矢来町の読書人スタジオで開催された。

2017.4/25〜7/22

代田区立千代田図書館・晶文社の主催で、千代田図書館9階・展示ウォールで「パネル展「10分で出会う吉本隆明展 〜晶文社『吉本隆明全集』によせて〜」」を開催

2017.4/15

晶文社『吉本隆明全集』連続イベント第2回として「はじめての吉本隆明」(糸井重里・ハルノ宵子(順不同・敬称略)を上野寛永寺輪王殿第一会場で開催

※当日の対談内容は、「週刊読書人」2017/6/2号に採録された。

2017.5/10

第13回配本として、川上春雄宛の全書簡のほかに、川上春雄が作成した様々な吉本隆明関連資料を収録した第37巻(書簡集1)を刊行。月報執筆者:山根貞男:田中和生:ハルノ宵子

2017.5/24

千代田図書館で講演会「ビジネスに活かす「吉本隆明」」が開催された。講師(山本哲士

2017.9/14

第14回配本として、第13巻(1972-1976)を刊行。月報執筆者:宇佐美斉:橋爪大三郎:ハルノ宵子

2017.12/19

第15回配本として、第14巻(1974-1977)を刊行。月報執筆者:藤井貞和:水無田気流:ハルノ宵子

2018

2018.4.7

第16回配本として、第15巻(1974-1978)を刊行。月報執筆者:佐々木幹郎:三砂ちづる:ハルノ宵子

2018.6.17

全集特設サイトほぼ改築なる。

2018.6.30

第17回配本として、第16巻(1974-1978)を刊行。月報執筆者:長谷川宏:荒川洋治:ハルノ宵子

2018.9.30

第18回配本として、第17巻(1976-1980)を刊行。(往復書簡集として企図された)ミシェル・フーコー宛書簡を初めて収録。また、AReaderで、吉本隆明さんの書斎をAR(拡張現実)動画で観ることのできるコードを帯に印刷)。月報執筆者:北川透:竹田青嗣:ハルノ宵子

2018.12.22

第19回配本を前に第18巻の見本誌が届く。胸が高鳴る瞬間。奥付は12/30発行日ですが、流通の都合等により、店頭でご覧いただけるのは新年になるかと存じます。1月10日の予定です。悪しからずご了承くださいますよう。

2018.12.23

第19回配本を前に大幅改装。テーマ色と本文部分の真っ白をを紺色から全集の雰囲気の色に。生成りの紙の色と全集表紙の佃んべえの茶色いモノグラムの色。それに伴いロゴなど手作業で色替え。サイトマップ月報正誤などページもほとんど揃ってきた。

2019

2019.1/10

第19回配本として、第18巻(1980-1982)を刊行。月報執筆者:安藤礼二:山本かずこ:ハルノ宵子(今はまだ2018年だがここに記す)

2019.4/4

第20回配本として、第19巻(1982-1984)を4/25に刊行予定。月報執筆者:小池昌代:島亨:ハルノ宵子
それから、最初にNHKアーカイブスに2014年度放送番組として公開されていた「戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか:2014年度「知の巨人たち」:第5回 自らの言葉で立つ 思想家 〜吉本隆明〜」が、番組へのリンクではなく、「NHK戦争証言アーカイブス」として3つに分かれている。リンクを修正するのもメニューの文字を変更するのも大変。

(敬称略)

最新刊


全集既刊分・全巻構成

全集既刊分(配本順)はこちら、全巻内容(概要)は こちら 濃い紺色詳細ページあり、オレンジ色今後刊行分

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38

to home

吉本隆明全集menu