既刊分 4 1952-1957

吉本隆明全集第4巻

1952-1957

第3回配本 2014/09/30


長く深い時間の射程で考えつづけた思想家の全貌と軌跡

第4巻には、周到に用意された二冊の詩集『固有時との対話』『転位のための十篇』と、それに続く詩篇、および初期の代表的評論「マチウ書試論」などを収める。 新たに「一酸化鉛結晶の生成過程における色の問題」「労働組合問題の初歩的な段階から」など4篇の単行本未収録原稿を収載。

第3回配本既刊 2014/09/30
月報執筆者(順不同・敬称略)

吉本隆明、一本の樹の出発

小林康夫

空の座

ハルノ宵子

ISBN 978-4-7949-7104-3 C0395
価格 6400円+税
判型・造本 A5判変型・上製
ページ数 688頁

月報(編集部より)第4巻(第3回配本)(2014/09/30)

(#記述事項は発刊時のものです)

*第7巻解題の「〝終焉〟以後」と「〝対偶〟的原理について」の項に、再録の記載漏れがありました。それぞれの三行め『吉本隆明全著作集13』のあとに〈、『「情況への発言」全集成1 1962~1975』(2008年1月23日、洋泉社MC新書、洋泉社刊)、『完本 情況への発言』(2011年11月18日、洋泉社刊)〉と補足訂正します。

*次回配本(第5巻)は、2014年12月を予定しております。

I

固有時との対話

少数の読者のための註

転位のための十篇

火の秋の物語——あるユウラシア人に——□分裂病者□黙契□絶望から苛酷へ□その秋のために□ちひさな群への挨拶□廃人の歌□死者へ瀕死者から□一九五二年五月の悲歌□審判□註

II

蹉跌の季節□昏い冬□ぼくが罪を忘れないうちに□涙が涸れる□抗訴□破滅的な時代へ与へる歌□少年期□きみの影を救うために□異数の世界へおりてゆく□挽歌—服部達を惜しむ—□少女□悲歌□反祈禱歌□戦いの手記□明日になつたら□日没□崩壊と再生□贋アヴアンギヤルド□恋歌[ひととひとを・・・・・・]□恋歌[理由もなく・・・・・・]□二月革命□首都へ□恋歌[九月は・・・・・・]

III

アラゴンへの一視点□時代への発言 詩□労働組合運動の初歩的な段階から□日本の現代史論をどうかくか□マチウ書詩論——反逆の倫理——□蕪村詩のイデオロギイ□前世代の詩人たち——壺井・岡本の評価について——□一九五五年詩壇 小雑言集□「民主主義文学」批判——二段階転向論——□不毛な論争□戦後詩人論□挫折することなく成長を□文学者の戦争責任□民主主義文学者の謬見□現代詩の問題□現代詩批評の問題□現代詩の発展のために□鮎川信夫論□「出さずにしまつた手紙の一束」のこと□昭和17年から19年のこと□日本の詩と外国の詩□前衛的な問題□定型と非定型——岡井隆に応える——□番犬の尻尾——再び岡井隆に応える——□戦後文学は何処へ行つたか□芸術運動とは何か□西行小論□短歌命数論□日本近代詩の源流

IV

ルカーチ『実存主義かマルクス主義か』□善意と現実——金子光晴・安東次男『現代詩入門』、関根弘『現代詩の作法』——□新風への道——歌集『広島』、武谷編『死の灰』、金子・村野選『銀行員の詩集』——□関根弘『狼がきた』□『浜田知章詩集』□奥野健男『太宰治論』□谷川雁詩集『天山』□服部達『われらにとつて美は存在するか』□島尾敏雄『夢の中での日常』 井上光晴『書かれざる一章』□平野謙『政治と文学の間』□野間宏『地の翼』上巻□山田清三郎『転向記』□埴谷雄高『鞭と独楽』『濠渠と風車』□堀田善衛『記念碑』『奇妙な青春』批判□中村光夫『自分で考える』□

『大菩薩峠』□『純愛物語』□

V

戦後のアヴアンギヤルド芸術をどう考えるか *
〈現代詩の情況〉[断片]□北村透谷小論[断片I]□北村透谷小論[断片II]

一酸化鉛結晶の生成過程における色の問題
解題(間宮幹彦)

吉本隆明全集menu