既刊分 5 1957-1959

吉本隆明全集第5巻

1957-1959

第4回配本 2014/12/25



第5巻には、最初の単行本である代表的作家論『高村光太郎』と、初期の重要な評論「芸術的抵抗と挫折」「転向論」、および花田(清輝)・吉本論争の諸篇を収録。[単行本未収録一篇]

第4回配本既刊 2014/12/25
月報執筆者(順不同・敬称略)

吉本と光太郎

北川太一

ノラかっ

ハルノ宵子

ISBN 978-4-7949-7105-0 C0395
価格 6400円+税
判型・造本 A5判変型・上製
ページ数 672頁

月報(編集部より)第5巻(第4回配本)(2014/12/25)

(#記述事項は発刊時のものです)

第4巻解題に再録の記載漏れがありました。「マチウ書試論」の項に、『〈信〉の構造2 全キリスト教論集成』(1988年12月25日、春秋社刊)を、「出さずにしまった手紙の一束」のこと」の項に、『現代の文学25 吉本隆明』(1972年9月16日、講談社刊)、『再現のない詩魂――わが出会いの詩人たち――』(2005年1月1日、詩の森文庫、思潮社刊)を、「昭和17年から19年のこと」の項に、『背景の記憶』(1994年1月10日、宝島社刊)とその文庫本(1999年11月15日、平凡社ライブラリー、平凡社刊)を、「西行小論」の項に、『〈信〉の構造 全仏教論集成1944.5~1983.9』(1983年12月15日、春秋社刊)を補足訂正します。また「アラゴンへの一視点」の項の「井上光晴編『新日本プロレタリヤ詩集』(1946年8月15日、九州評論社刊)の収録形」を、「『コスモス』創刊号(1946年4月20日、コスモス書店発行)に収録された初出形」と補足します。

第6巻解題に再録の記載漏れがありました。「詩のなかの死」、「孤独の幼女」、「戦争と世代」、「映画的表現について」、「読書について」「ある履歴」、「去年の死」、「詩とは何か」、「思い出メモ」、「六・一五事件と私」、「思想的不毛の子」、「西行論断片」の項は、いずれも『模写と鏡〈増補版〉』(1968年11月15日、春秋社刊)への再録があります。また「読書について」は、改題の上『〈信〉の構造2 全キリスト教論集成』に再録されています。なお、正誤その他の訂正表は、最終配本の際に一括して掲載する予定です。

*初出の掲載誌で探しているものがあります。詩「みどりの聖餐」が掲載された『聖家族』(1949年5月25日 第3号 聖家族発行所発行)をご所持の方がいらっしゃいましたら、本文・目次・奥付・表紙の複写をご提供いただけましたら幸いです。

*次回配本(第8巻)は、2015年3月の予定です。

I

高村光太郎

  • 『道程』前期
  • 『道程』論
  • 『智恵子抄』論
  • 詩の註解
  • 戦争期
  • 敗戦期
  • 戦後期
  • 年譜
  • 参考文献目録

II

「戦旗」派の理論的動向□文学の上部構造性□宗祇論□抵抗詩□くだらぬ提言はくだらぬ意見を誘発する――加藤周一に――□三種の詩器□「四季」派の本質――三好達治を中心に――□芸術的抵抗と挫折□街のなかの近代□情勢論□今月の作品から□芥川龍之介の死□転向論□中野重治「歌のわかれ」

III

死の国の世代へ――戦争開始宣言――

IV

不許芸人入山門――花田清輝老への買いコトバ――□「乞食論語」執筆をお奨めする□アクシスの問題□芸術大衆化論の否定□近代批評の展開□天皇制をどうみるか□橋川文三への返信□高村光太郎の世界□戦争中の現代詩――ある典型たち――□詩人の戦争責任論――文献的な類型化――□異端と正系□十四年目の八月十五日□現代詩のむつかしさ□海老すきと小魚すき□転向ファシストの詭弁

V

内的な屈折のはらむ意味――『井之川巨・浅田石二・城戸昇□詩集』――□堀田善衛『乱世の文学者』□阿部知二他編『講座現代芸術Ⅲ芸術を担う人々』□草野心平編『宮沢賢治研究』□戦後学生像の根――戦中・戦後の手記を読んで――□江藤淳『作家は行動する』□武田泰淳『貴族の階段』□久野収・鶴見俊輔・藤田省三『戦後日本の思想』□阿部知二『日月の窓』

『風前の灯』□『夜の牙』□『大菩薩峠』(完結編)

VI

飯塚書店版『高村光太郎』あとがき□『芸術的抵抗と挫折』あとがき□『抒情の論理』あとがき
解題(間宮幹彦)

吉本隆明全集menu