吉本隆明全集特設サイト 吉本隆明全集特設サイト

第18巻(1980-1982)を2019年1月10日刊行 18

社会の転換期に生み出される「現在」の文学を論じた初めての本格的文芸時評『空虚としての主題』と、名作古典文学の深層と構造を鮮やかに描き切った『源氏物語論』、長く継続的にその主題を追って書き継がれた「アジア的ということ」などを収録する。単行本未収録3篇。月報は安藤礼二氏、山本かずこ氏、ハルノ宵子氏が執筆。

第19回配本 詳細は......
第20回配本は・・・

第19巻(1980-1982)を2019年4月25に刊行 19

小説やCMから少女漫画まで、さまざまな作品を個々の作者ではなく「現在」という作者が生みだしたものとして論じる『マス・イメージ論』と、時期を接して生じた世界的な「反核」の動きを批判した「反核運動の思想批判」などを収める。単行本未収録6篇。
月報は小池昌代氏、島亨氏、ハルノ宵子氏が執筆。

詳細は......

推薦のことば・ご挨拶

晶文社版吉本隆明全集刊行に際して寄せられた推薦のことばやご挨拶:鶴見俊輔上野千鶴子福島泰樹糸井重里鷲田清和中沢新一見城徹小林康夫山本哲士ハルノ宵子(順不同:敬称略)&晶文社

全集既刊分・全巻構成

全集既刊分(配本順)はこちら、全巻内容(概要)は こちら 濃い紺色詳細ページあり、オレンジ色今後刊行分

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38

吉本隆明全集menu