110 211 312 43 54 61 72 85 96 107 118 129 1314 1415 1516 3713 巻数

第15巻(1974-1978) New

著者の古典思想家論の集大成『最後の親鸞』、その後の宗教論の礎となった『論註と喩』を収録。

  1. 最後の親鸞/『最後の親鸞』ノート/論註と喩
  2. 詩篇:幻と鳥/雲へ約束した/夢の手/俗母子像/最後の場所/すくなくとも/夢の位置 ほか)
  3. 情況への発言/ある〈夢〉の出発[浮海啓]/竹内好の死/法の初源・言葉の初源/戦争の夏の日/慈円について/近親婚はどうして禁忌か/『死の棘』の場合 ほか
  4. 〈法〉はいつも同時代にたいして意識されたカマトトとして現れます(「マリファナ」アンケート)/痛切な仕事[『訓読名月記』]/遠山先生のこと/戦後詩の10篇/全著作集(続)のための序/『試行』第四七〜五〇号後記 ほか
  5. 月報 佐々木幹郎:吉本さんとの出会い/三砂ちづる:引き継ぐ課題/ハルノ宵子:片棒(敬称略)
Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation),All rights reserved.

NHK ARCHIVES

「戦後史証言プロジェクト、日本人は何をめざしてきたのか」「知の巨人たち」第5回「吉本隆明」(2015年1月10日放送)をNHKアーカイブスでご覧いただけます。

  1. Chapter 1.「自らの言葉で立つ 思想家〜吉本隆明」〜
  2. Chapter 2.「「正しい」とされることを疑い続けた生涯」
  3. ...からChapter 14.の「ひとりが一番強いまで」をアーカイブ
  4. (このコンテンツは無料で視聴できます)
  5. NHKアーカイブス(http://www.nhk.or.jp/archives/
  6. 吉本隆明特集の回は下のボタンか右の画像をクリックorタップ

Contents

推薦のことば・ご挨拶

晶文社版吉本隆明全集刊行に際して寄せられた推薦のことばやご挨拶:鶴見俊輔上野千鶴子福島泰樹糸井重里鷲田清和中沢新一見城徹小林康夫山本哲士ハルノ宵子(順不同:敬称略)&晶文社

いろいろつながり

吉本隆明や吉本隆明全集でつながりのあるサイトへのリンク集です。

吉本隆明全集編集部(仮)

吉本隆明全集編集部です。月報などでお知らせする修正箇所の情報や、資料(書簡)集へのご協力の依頼について(以下略)

実験室

全集刊行のログや、実験的に作成しているコンテンツ、イベントの記録などを実験室で公開しています。

全集既刊分

巻数
吉本隆明全集第1巻詳細ページへ

1941-1948

110

吉本隆明全集第2巻詳細ページへ

1948-1950

211

吉本隆明全集第3巻詳細ページへ

1951-1954

312

吉本隆明全集第4巻詳細ページへ

1952-1957

43

...

1957-1959

54

...

1959-1961

61

...

1962-1964

72

...

1961-1965

85

...

1964-1968

96

...

Media heading

107

...

Media heading

118

...

Media heading

129

...

Media heading

1314

...

Media heading

1415

...

Media heading

1516

...

Media heading

3713

吉本隆明全集menu