HOME(tsukudanbe)HOME(tsukudanbe)

全集刊行の記録

某年某月某日
間宮幹彦(以下、全員氏名敬称略)、吉本隆明全集のプランを「目次」にまとめる。(いわゆる「間宮目次

某年某月某日
太田泰弘現晶文社社長、忘年会の席にて初対面の吉本隆明に個人的に激励を受ける。

某年某月某日
吉本隆明、次女で作家の吉本ばなな(本名・真秀子)と間宮目次を見て、吉本隆明全集刊行を願う。

2012(平成24)年

1月22日(日)
日本医科大学付属病院に緊急入院。以後同病院で加療。

3月16日(土)15日深夜)
肺炎により死去。行年87歳。通夜17日(土)、18日(日)築地本願寺和田堀廟所にて葬儀。
9月15日同廟所の吉本家の墓に納骨。法名は釋光隆。

10月9日(火)
吉本隆明の妻・和子、自宅で老衰により死去。行年85歳。11日(木)に通夜、12日(金)に葬儀。
12月9日(日)に納骨。法名は釋清和。

12月、吉本ばなな、公式サイト上の「日記」「父の晩年には放っておいても全集くらいは出るだろうと思っていた。 やりたいという編集者はいたし、目次まで編んでいた。 でも予算がどこにもないって言うわけだ。どの会社にもないと。」等と記す。

2013年(平成25)年

1月
吉本ばなな、公式サイト上の日記に「全然違うルートからすばらしい手助けの話がやってきた。 」と記す。4月吉本ばなな、公式サイト上の日記に「いちばん父が出版社の人に言ってほしかったこと(全集を出させてもらえるなんて嬉しい 自分の最後の仕事に なってでもしっかりやります 吉本さんの仕事は残すべきものです)を全部魔法のように仏前で言ってくれた晶文社の太田社長のおかげで、いっそういい思い出になったとも言える。ほんとうにありがたい。聞いていてほんとうに「魔法みたいだ」「奇跡みたいだ」と思った。」と記す。より具体的には、4月19日(金)付けでSNSにログが残っており。「なんと!今月のオレでボヤいたかいがあり、漢気爆発!晶文社さんが父の全集を出してくださることになりました」等とある。

(いろいろあって…)

10月28日(月)
この日のSNSタイムライン上に、晶文社の吉本隆明全集内容見本の写真登場。11月初旬から配布開始。
内容見本への「推薦のことば」寄稿者は、鶴見俊輔、上野千鶴子、福島泰樹、糸井重里、鷲田清一、中沢新一、見城徹、よしもとばなな(当時の表記)(順不同:敬称略)、「ご挨拶」として著作権継承者で長女のハルノ宵子(本名・吉本多子)が「高さ調節自由の昼寝用枕」としての全集活用法を提案している。
略年譜石関善治郎全巻内容[当初と現在に少し異同あり:ウェブ担当者註]間宮幹彦による。

11月22日(金)
公式記録よりすこし早いが[byウェブ担当者]、吉本隆明全集公式サイトモックアップが仮オープン(当初は仮ドメイン)

2014年(平成26)年

1月31日(金)
公式ウェブサイト上で、推薦者に小林康夫(敬称略)を追加。

3月25日(火)
第1回配本として第6巻(1959-1961)を刊行。(戦後世代の政治思想 埴谷雄高論 擬制の終焉 他)
月報執筆者:産み落とされた日(高橋源一郎):父の手(ハルノ宵子)。(敬称略)

刊行と同時に「あの人が選ぶ、全集刊行記念フェアの本」を書店で開催。(選者:内田樹・中沢新一・茂木健一郎・宇野常寛(順不同:敬称略))を全国の書店の協力で開催。アーカイブとして全集公式サイトに店頭のスナップ写真が残っているのは、紀伊國屋書店新宿本店、ジュンク堂書店池袋本店、B1st新宿店、喜久屋書店阿倍野店、ジュンク堂書店広島駅前店。(順不同:敬称略)
Cf.「吉本隆明全集刊行記念フェア『吉本隆明のDNAをどう受け継ぐか』吉本隆明さんの膨大な仕事は、文学、政治、宗教、共同体、家族、性、言語論、認識論からファッション、マンガ、アニメなどのサブカルチャーまで、多岐に渡るものです。その豊穣な成果を次の世代に伝えるために、中沢新一さん、内田樹さん、茂木健一郎さん、宇野常寛さんが吉本全集とあわせて読みたい本をセレクトしました。吉本作品への入門ガイドブックから、吉本さんの仕事がいかに世界性をそなえていたかが実感できる現代の準古典、さらに吉本さんの系譜につながる仕事をしている若手の作品まで、これから吉本さんを読もうとしている方にも、読み返そうとしている方にも、それぞれたのしんでいただけるラインナップです。少しでも多くの読者に、吉本ワールドに触れ、刺激を受けていただけるきっかけになればと思います。」(このイベントは終了いたしました)

4月11日(金)
公式ウェブサイト推薦者に山本哲士(敬称略)を追加。

5月1日(木)
紀伊國屋ビル竣工50周年特別企画第249回 新宿セミナー@Kinokuniya『吉本隆明全集』(晶文社)刊行記念トークセッション“吉本隆明のDNAをどう受け継ぐか”(出演:中沢新一・内田樹・茂木健一郎・宇野常寛・スペシャルゲスト:よしもとばなな)が新宿・紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4F)開催された。(順不同:敬称略)。(このイベントは終了いたしました)

6月25日(水)
第2回配本として第7巻(1962-1964)(丸山真男論 模写と鏡 日本のナショナリズム 他)を刊行。
月報執筆者:うつむき加減で、言葉少なの(高橋源一郎):じゃあな(ハルノ宵子)。(敬称略)

9月30日(火)
第3回配本として第4巻(1952-1957)(固有時との対話 転位のための十篇 マチウ書試論 他)を刊行。
月報執筆者:吉本隆明、一本の樹の出発(小林康夫):空の座(ハルノ宵子)。(敬称略)

12月25日(木)
第4回配本として第5巻(1957-1959)(高村光太郎 芸術的抵抗と挫折 転向論 他)を刊行。
月報執筆者:吉本と光太郎(北川太一):ノラかっ(ハルノ宵子)(敬称略)

2015年(平成27)年

1月10日(土)
NHK・Eテレ「知の巨人たち」第5回として「吉本隆明」(午後11:00~午前0:30)が放映された。
(NHKアーカイブスで閲覧可能)
http://cgi2.nhk.or.jp/archives/shogenarchives/postwar/bangumi/movie.cgi?das_id=D0012200037_00000
(2017年9月15日現在のURLアドレスです)

3月25日(水)
第5回配本として第8巻(1961-1965)(言語にとって美とはなにか)を刊行。
月報執筆者:『言葉からの触手』に触れながら考えたこと(岡井隆):混合比率(ハルノ宵子)(敬称略)

6月25日(木)
第6回配本として第9巻(1964-1968)(カール・マルクス 自立の思想的拠点 他)を刊行。
月報執筆者:違和感からの出発(鹿島茂):小さく稼ぐ(ハルノ宵子)(敬称略)

9月25日(金)
第7回配本として第10巻(1965-1971)(心的現象論序説 共同幻想論 他)を刊行。
月報執筆者:永久に消えない疑問(芹沢俊介):めら星の地より(ハルノ宵子)(敬称略)

12月25日(金)
第8回配本として第11巻(1969-1971)(情況 天皇および天皇制について 南島論 等)を刊行。
月報執筆者:「東京原人」吉本隆明(磯崎新):でたらめな人、文を書く(*)(ハルノ宵子)(敬称略)(*ハルノ宵子の月報連載はこの号、都合により休載となり、著者の許可を得て『midnight press』8号(2000年6月5日発行)に発表されたエッセイを再録。この号には同氏によるイラストも掲載されていない。)

2016年(平成28)年

3月25日(金)
第9回配本として第12巻(1971-1974)(源実朝 吉本隆明の心理を分析する)を刊行。
月報執筆者:吉本隆明さん随感(中村稔):ヘールボップ彗星の日々(ハルノ宵子)(敬称略)

6月25日(土)
第10回配本として第1巻(1941-1948)(「哲」の歌 宮沢賢治ノート 姉の死について 他)を刊行。
月報執筆者:吉本さんの三冊の本(石川九楊):あの頃(ハルノ宵子)(敬称略)

7月12日(火)
連続イベント第一回「詩と科学の魂をつなぐ」(橋爪大三郎・水無田気流(敬称略))が東京堂書店神田神保町店東京堂ホールで開催された。(このイベントは終了いたしました)

9月30日(金)
第11回配本として第2巻(1948-1950)(エリアンの手記と詩 箴言I・II 日時計篇(上) 他)を刊行。
月報執筆者:吉本さんと「母性的」なるもの(石川九楊):蓮と骨(ハルノ宵子)(敬称略)

12月30日(金)
第12回配本として第3巻(1951-1954)(日時計篇(下) 他)を刊行。
月報執筆者:沈黙の言語(吉増剛造):「転向」について(芦田宏直):eyes(ハルノ宵子)(敬称略)

第1期として第1巻から第12巻の刊行を終える。

2017年(平成29)年

4月7日(金)
晶文社刊『吉本隆明と「共同幻想論」』の刊行記念に、著者山本哲士(敬称略)によるトークイベントが新宿区矢来町の読書人スタジオで開催された。
(このイベントは終了いたしました)

4月15日(土)
晶文社『吉本隆明全集』連続イベント第2回として「はじめての吉本隆明」(糸井重里・ハルノ宵子)(順不同・敬称略)を上野寛永寺輪王殿第一会場で開催(このイベントは終了いたしました)

5月10日(水)
第13回配本(第2期第1回配本[めんどい!:ウェブ担当者註])として、川上春雄宛の全書簡を収録したほかに、川上春雄が作成した様々な吉本隆明関連資料を収録した第37巻(書簡集1)を刊行。

9月14日(木)
第14回配本(第2期第2回配本[めんどい!:ウェブ担当者註])として、第13巻(1972-1976)を刊行。


2017年5月12日「じゃあな」として当ログを作成開始(N. Asakura)